TOKYO
青春映画祭

TOKYO Youth Film Festival
2021/07/17(土)
会場:ユーロライブ

TOKYO青春映画祭 グランプリ

「消しかすの花」

TOKYO青春映画祭 作品賞

準グランプリ

「雨のまにまに」

審査員特別賞

「SMILE」

最優秀青春賞(観客賞)

「SMILE」

TOKYO青春映画祭 個人賞

最優秀監督賞

内田英介 監督 / 「雨でも晴れる」

最優秀シナリオ賞

笠原ちゃこ 監督 / 「ブスの法則」

最優秀女優賞

光石桔梗さん / 「雨でも晴れる」

園田あいかさん / 「SMILE」

最優秀男優賞

陣慶昭さん / 「消しかすの花」

最優秀助演賞

佐々木このみさん / 「ブスの法則」

峰平朔良さん / 「アカリとマキコ」

アイドル賞

園田あいかさん / 「SMILE」

桜田ミレイさん / 「従姉妹協奏曲いとこコンチェルト

U-NEXT配信作品

2021年8月6日〜2022年1月末まで、TOKYO青春映画祭で上映された作品の一部がU-NEXTにて配信されます。配信作品は下記の通りです。

「はちみつイズム」
「るり子の青春ビート!」
「雨でも晴れる」
「ブスの法則」
「雨のまにまに」

期間限定配信

■8/6から3日間限定での配信
「消しかすの花」

■8/6~1日限定での配信
「SMILE」

TOKYO青春映画祭概要

TOKYO青春映画祭は、3ブロックの入れ替え制です。各ブロックで中2映画プロジェクトの作品が1つずつ、そして応募総数約150本の作品の中から選ばれた作品が上映されます。

A
11:00開場
11:15開会式
11:20舞台挨拶Aブロック上映作品関係者登壇予定
11:30 上映(約70分) Ready? Set Go!
雨でも晴れる
ブスの法則
B
12:45開場
13:00舞台挨拶Bブロック上映作品関係者登壇予定
13:10 上映(約70分) 雨のまにまに
はちみつイズム
消しかすの花
るり子の青春ビート!
14:20サイン会詳細は下記の「サイン会について」を参照してください
C
14:20開場
14:35舞台挨拶Cブロック上映作品関係者登壇予定
14:45 上映(約75分) 従姉妹協奏曲
アカリとマキコ
SMILE
上映後閉会式
TOKYO青春映画祭は、世界でも超レアな「青春」をテーマとした超超超いい感じ〜!な、映画祭です。

これまでは映画祭に出品するだけでもたくさんのハードルがあったように思います。
しかし、クリエーターにおける様々な表現の場が確立されてきている昨今、
映画祭の形も変革するべきです。

我が「TOKYO青春映画祭」はエンタメプロデューサーつんく♂が自身のサロン内で
「中2に見えるヒロイン募集」からスタートし、「中2」が主人公の「中2映画」を制作することから発展した映画祭です。

したがってテーマは「甘酸っぱい」「ほろ苦い」「思春期の笑顔・涙・汗」
時には「熱血」時には「社会問題」「友情問題」「家族関係」など、
「青春」とカテゴライズできる映画なら誰でも参加できる映画祭。

それが「TOKYO青春映画祭」なんです!

過去の事例に惑わされることなく、新型の方式で全世界にむけて、
日本の映画を、また日本で応援したくなる映画を、
発信、応援していこうと考えております!

監督、脚本、演者、プロデューサー、どれがかけても成立しないのが映画。
新人でもプロでもアマチュアでも、新しいチャレンジの場としてこの映画祭を
一緒に盛り上げるべく、たくさんのご参加お待ちしております!

主催:TOKYO青春映画祭実行委員会
後援:つんく♂エンタメ♪サロン~みんなでエンタメ王国~

概要・応募条件

会場
ユーロライブ(2F)
日時
2021/07/17(土)
部門
青春コンペティション部門(メイン)
  • テーマが青春であること
  • 30分以内の作品であること
  • 原則ドキュメンタリー作品は対象外とする

*応募数を見て部門を増やすかどうか判断致します。

*受賞者には「賞状と記念品」、上映作品に選ばれた監督には「映画祭記念Tシャツ」をプレゼントします。

作品賞
  • グランプリ
  • 準グランプリ
  • 審査員特別賞
  • 最優秀青春賞(観客賞)
個人賞
  • 最優秀監督賞
  • 最優秀シナリオ賞
  • 最優秀女優賞
  • 最優秀男優賞
  • 最優秀助演賞
  • アイドル賞
申込期間
2021/2/1〜2021/3/31

*作品の募集期間は終了しました。

応募料金
なし
完成規定
なし
製作国規定
なし
プレミア規定
なし

*すでに公開されていたり、他の映画祭で受賞している作品でもOKです。

作品言語
日本語 or 日本語字幕
上映素材
Blu-rayを想定

つんく♂からのメッセージ

音楽畑の人間が生意気にも映画について多くを語ろうなんて思ってはおりません。
ただ、これからも日本のエンタメ界において僕のできることはなんだろうか、それを考えました。
やはりこれまでの経験を生かし、音楽も含めて未来のエンタメ界に貢献できること。
それは新人発掘、そして育成や応援ではないだろうかと。

昔からのテレビや音楽業界のオーディションだけではチャンスが少なすぎます。もっともっと日本には才能が眠っているはずです。

その才能を見つけるにあたって、「映画」はいろんな面で、才能を活かせる素晴らしいコンテンツだと考えました。

演技、音楽、ダンスなど、各自がそれぞれの特技を生かすことができますし、常に美男、美女だけにスポットがあたる「アイドル」的な世界だけでなく、個性が光れば、バイプレイヤーとして活躍した後に主役を演じることもあるでしょう。

表に立つだけでなく、製作や脚本や監督という世界でも活躍できる可能性もあるわけです。

そういう想いで僕自身も「中2」が主人公の映画を作り始めたのがきっかけとなり、僕らが作ったような映画だけでなくたくさんの映画を募って感動をシェアしたい! そう思ってたどり着いたのがこの「TOKYO青春映画祭」です。

この映画祭の特徴は「青春」に的を絞ってある事です。

主人公が中学生や高校生となることがまず頭に浮かびますが、テーマが「青春」であればどなたでも応募可能なんです!

大人の青春でも、より小さい子どもと親の物語でも、そこに「青春」があれば、この映画祭としては大歓迎なわけです。

思春期の甘酸っぱい恋物語はもちろん、スポーツ少年の熱き心、時には親子関係の感動物語や、時には社会派な物語もあるでしょうし、他にももっともっとたくさんのことが考えられますよね。

みなさまが、いろんな角度から見た「青春」を短編映画にしたためて、どうぞこの映画祭にご応募ください。

心より楽しみにしております!

2021年2月1日
総合エンターテインメントプロデューサー
つんく♂

 

映像作品の制作について

TOKYO青春映画祭実行委員会では、映像作品の制作を承っております。

超クリエイターズ革命への登録ヒロインへの出演依頼や
映画・ミュージックビデオ・YouTubeコンテンツ制作など、お気軽にご相談ください。